【業務スーパー】アラビアータソース

業務スーパー

在宅勤務で、お昼ご飯をお家で作る機会が増えてきている人多いですよね。
私も2020年2月から在宅勤務になり、在宅勤務歴2年目に。同僚にどんなご飯を食べたか聞くと、パスタとかコンビニご飯という人が多くて、あまり作らないという人も。(一人暮らしの人は特に…)

我が家は夫婦で在宅勤務で、買うのもコスパ悪いし、元々料理が好きな方なので作ることが多いんです。
会社が家から近い時も、歩いて帰って作って食べる、みたいなこともしていました♪

在宅ランチの中でも一番作りやすいのがパスタ!パスタを茹でで、ソースをかけるだけ!
包丁も使わないし、多分15分くらいで作って食べて…と、超スピードのランチタイムの実現が可能なんです。

今回は、業務スーパーで多分100回ぐらい購入しているほど、愛しているアラビアータソースを使って作る、ペンネアラビアータを紹介します♪

スポンサーリンク

使う商品はこれ

イタリア直輸入の、ペンネと、アラビアータパスタソース。

お値段は、ペンネは、100円、アラビアータソースは200円くらい。合計300円程度でした。値段の変動あるかもだけど。
ペンネは500gぐらい入っているから、1人100g使ったら5回は食べられる。とにかく1食が安い。

ちなみに、別に普通のパスタでもいいと思います。私がお店で食べたペンネアラビアータが好きで再現してるだけ。

アラビアータソース

「アラビアータ」とはイタリア語で「怒り」という意味で、唐辛子をたっぷり使った辛いソースのこと。
イタリアンレストランとかではお馴染みの、辛いトマトのソース。

これは1瓶に400g入っています。大きいサイズもあるけれど、要冷蔵で冷蔵庫のスペースも使うし、長い間使わないとカビちゃうし、このサイズがちょうどいい。

蓋を開けると、蓋ギリギリまでたっぷり入っていて、さらっというより、若干の果肉感がある。あと、ちょっと油分が浮かんでいる感じ。
この油分は、ひまわり油かな?オリーブオイルかな?原材料に二つ、入っています。

マカロニ(ペンネ)

ペンネは、筒状のパスタでペンみたいな形。イタリア語で”ペン”を表す”Penna”の複数形から、この名前になったんだとか。
お皿に100g取り出してみました。このくらいの量が1人分。

筒の中にソースが入ったり、溝にソースが絡みやすくて美味しいから好き!

原材料は、デュラム小麦粉のセモリナ。茹で時間は10分です。

パッケージのこの作り方の絵が可愛い。
100gのパスタに、1リットルのお湯、10gのお塩が必要だって。

調理方法も書いてあります。

①沸騰したお湯に塩を入れる。
②パスタを入れて、かき混ぜる。
③パスタの水気を切り、味をみる。

作り方

パッケージの通りに、ペンネを茹でて水を切った後、アラビアータソースを適量入れて混ぜるだけ。
今回は、ちょっと温めたかったので、オリーブオイルを引いたフライパンに水を切ったペンネを入れて、ソースを適量入れて混ぜました。
仕上げに、胡椒を追加でパラリ。

完成

ピリッと辛いトマトソースが、ペンネの溝や筒の中に入り込んで、たっぷりソースと絡んで美味しい!!

しかもこれ完成までに15分くらい。ささっと作れるので、在宅ランチに、休日のランチに、ピッタリだと思います。

あと、アラビアータソースは、ピザトーストや、手作りピザを作るときにも使えて便利なんです。

パンに、バター、アラビアータソース、チーズを乗せて焼いただけでも美味しい。
一つの瓶で色々使えるので、試したことがない方は、ぜひ!

タイトルとURLをコピーしました